FXトレーダーという職業がある?求人は?

FXトレーダーは個人だけではない

FXトレーダーと言うと、個人で取引をしているイメージがありますが、会社資金で仕事としてトレードをしてく、「プロップトレーダー」という職業があります。

プロップトレーダーは、自分のお金を差し出すことなく、会社からトレードに必要なサポートが受けられます。

そう考えると、かなり魅力的な職業とも言えます。

 

プロップトレーダーの条件

 

プロップトレーダーの条件には、かなり差があり、銀行や証券会社での一定期間での勤務経験がないとダメ、英語ができないとダメ、というところもありますが、

一方で経験不問で、個人投資家としての運用経験さえあれば大丈夫、というところもあります。

 

勤務地も決まっているところでトレードする場合もあれば、自宅でフルリモートでトレードをするというような場合もあります。

勤務時間もトレーダーですから、コアタイム時間もあったり、完全に自由だったりと幅があります。

小さいオフィスですと、自由度は高くなるようです。

規定のトレーニングを積んで、デモトレードを行い正式採用となるところもあれば、いきなり会社の資金を任されるような場合もあります。

 

プロップトレーダーの気になる報酬は?

 

気になるのは報酬です。

これは、完全成果報酬のところもあれば、固定給+成果報酬のところもあります。

成果報酬の場合の取り分は、経験や成績によってマチマチです。

おおよそ、利益額の30%~80%の間といったところです。

損失分は負担することはありませんから、思い切ってトレードができます。

 

プロップトレーダーは甘い職業ではない

 

プロップトレーダーは、プロのトレーダーとして採用されるわけですから、完全実力主義です。

プロスポーツなどの世界をイメージすればよいでしょう。

一定期間、利益を挙げられなければ、当然解雇になります。

また、利益を出し続けなければならないプレッシャー、大きな金額を扱うプレッシャーは、

個人投資家として活動していた頃のメンタルとは、また違うものです。

神経をすり減らす毎日であることは間違いありません。

 

その報酬は、青天井式に増えていきますので、やりがいは相当あります。

まさに、稼げば稼いだ分だけ収入は増えますが、過去の成績が良かったからと言って、現在は保障されません。

常に、現在の成績が注目される、厳しい世界であることも認識はしておく必要性はあります。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る