為替相場のあるべき姿は誰にもわからない

硬貨の表裏当てゲームをやってみる

突然ですが、問題です。

10円玉が目の前にあります。コレを投げて表裏を当てるゲームをします。

5回続けて表が出ました。

さて、あなたは、6回目、表・裏に賭けるとしたら、どちらに賭けるでしょうか?

(硬貨に細工はありません)

 

勢いに乗るのか?逆張りしてみるのか?

 

5回続けて表が出たのなら、

「きっともう一回ぐらい表が出る」という意見もあるでしょう。

また、

「そろそろ裏が出る頃だろう」という逆張り的な発想も出て来ます。

多くは、後者の裏の選択をするのではないでしょうか?

 

確かに6回連続でどちらかに偏る確率というのは、1.5%ほどです。

表3回・裏3回ですと、確率的には30%ほどになりますから、裏が出そうということになります。

だからと言って、

「6回目のゲームでそろそろ裏が・・・」

という理由にはなりません。

よく考えるとわかりますが、1回1回の、表が出る確率・裏が出る確率は、実は全く一緒の50%です。

 

人間の判断が偏っている

 

つまり、我々人間の方が、勝手に「こうあるべきだ」という風に、偏った考え方を持っているのです。

「この経済水準からみると、今のレートは高すぎだ」

「かなり下落してきたから、そろそろ買い時だ」

などと、根拠があるようでなかったり、

また、どんなに完璧な根拠があっても、実際に思ったようにレートが動かないことは、経験済みのハズです。

 

FXに限らず、株価や商品先物、暗号資産、その他の投資はこういった偏りの思考をしがちです。

適正レートというのはあってないようなものです。

思い込みのワナには十分に注意したいものです。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る