危険なトレード「マーチンゲール」がNGな理由

危険なトレード「マーチンゲール」がNGな理由

FXには様々なトレード戦略があります。

その一つに、ギャンブルで有名なマーチンゲール法というものがあります。

「負けたら倍掛けで賭ける」と言ったらわかりやすいでしょうか。

今回はFXで、マーチンゲール法が有効なのかどうか?

ということを解説していきたいと思います。

 

マーチンゲール法の概略

 

マーチンゲール法のやり方は簡単です。

最初のトレードで1000円負けたら、次はロット数を2倍にしてトレードするだけです。

それで負けたら、更に倍にして・・・を繰り返していきます。

 

つまり、勝つまで倍掛けでトレードするということです。

 

例えば、1万通貨で利確を10pips・損切り10pipsでトレードするとします。

すると、下図のようなイメージになります。

 
トレード数結果ロット数損益累計損益
11万通貨-1000円-1000円
22万通貨-2000円-3000円
34万通貨-4000円-7000円
48万通貨+8000円+1000円
 

マーチンゲール法は最強の手法?

 

上図のとおり、連敗をしても最後の1トレードだけ勝てばプラスに持っていけます。

トータルで負けないというのは大きな魅力でしょう。

 

また、そこまで連敗することは、確率的に見ても少ないのでは?とも考えられます。

例えば、仮に勝率が50%であれば、10連敗する確率は、1/1024という少なさになります。

それゆえに、マーチンゲール法は最強の戦略と思うかも知れません。

 

やはりマーチンゲール法は危険でしかない

 

では、上記の例で10連敗し、11トレード目で勝利したトレードのケースを考えてみます。

 
トレード数結果ロット数損益累計損益
11万通貨-1,000円-1,000円
22万通貨-2,000円-3,000円
34万通貨-4,000円-7,000円
48万通貨-8,000円-15,000円
516万通貨-16,000円-31,000円
632万通貨-32,000円-63,000円
764万通貨-64,000円-127,000円
8128万通貨-128,000円-255,000円
9256万通貨-256,000円-511,000円
10512万通貨-512,000円-1,023,000円
111024万通貨+1,024,000円+1000円
 

10連敗しても11トレード目で見事に勝利し、プラス転換になりました。

ですが、よく見てみると、トンデモナイ数字が表されていることがわかります。

11トレード目は、1000万通貨を超えています。

普通、こんなポジションは持てません。

資金量が豊富だとしても、100万通貨、いや、50万通貨のポジションを持つことも、普通はないでしょう。

つまり、膨大な資金量がマーチンゲール法には必要ということになります。

 

そして、もう一つ注目したい点は、累計金額の最後の項目です。

最後にプラス転換にはなりましたが、結局、最初の投資金額分の1000円のみの勝利となっています。

もし、膨大な資金量があったとしても、これだけハラハラさせられて、1000円しかプラスにならないというのは、割に合わないでしょう。

このマーチンゲール法での戦略では、効率が異常に悪すぎるということがわかります。

もっと投資効率のよいロジックは、世の中に、いくらでもあります。

 

それでも「10連敗はありえない」とあなたは考えているでしょうか?

1000回に1回というのは、のべつ幕なしでトレードしていれば、思った以上に遭遇します。

もっと確率の高い7連敗、8連敗ならなおさらです。

また、急激な大きなレート変化というのは、1年のうちに数回は起こります。

そのようなことが起きた時に、あなたの資金量は十分に耐えうることが出来るでしょうか?

 

結論として、マーチンゲール法は、負け続ければ破綻のリスクがドンドン高くなる一方、リターンは常に一定というところが、使用するに値しない戦略であることがわかります。

 

FXトレードに聖杯はありません。

小手先だけで勝とうとしないで、地道にスキルを上げて、期待値の高いポイントでのトレードを継続していく他はない、という心構えで、これからも学習していきましょう。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る