FX取引のロット数の目安を教えます

FXトレードのロット数の目安とは

FXで取引するにあたり、資金に対してどの程度のロットを目安にするといいか、例を加えて解説します。

1ロット(1000通貨)あたりの必要証拠金


矢田

必要証拠金とは、トレードするにあたって「口座に入れておかないといけないお金」です。いくらあればトレードが出来るのか?という目安となります。
例として、米ドル円1ドル=100円 1ロット=1000通貨 最大レバレッジ25倍 として考えてみます。
米ドル円1ドル100円
1ロット1000通貨
最大レバレッジ25倍
 

100円×1000通貨÷25倍=4000円

つまり、「1000通貨あたり4000円の証拠金が必要になる」ということです。これが1万通貨になれば、10倍の4万円ということになります。

資金に対する取引可能なロット数

用意できる資金から、最大でどれくらいまでトレード出来るかを計算してみます。

上記の例だと1ロットあたりの必要証拠金は4000円です。そのうえで、10万円の資金が用意できれば、以下の計算式となります。

10万円÷4000円=25

1ロット1000通貨の計算なので、25ロットだと最大2.5万通貨までトレードが出来ることになります。

ただ、ここで注意したいのは、これは最大のロット数になります。

 

1ドルあたりのレートによりこの数値は増減しますし、マイナス方向へ進めば資金の余力がなくなり、それこそ強制ロスカットに刺さりますので、余裕を持ったロット数でトレードする必要があります。

FXのロット数の目安(余裕のあるトレード)

資金に対する1回のトレードの損失額の割合を決めて、トレードルールによる損切りラインまでの、おおよそのpips数からロット数を割り出します。

教科書的に言うと資金に対する1%~5%の金額を1回のトレード損失額と決めます。

「10%以上でも問題ないのでは?」とも思われるかもしれませんが、連敗することも頭に入れる必要があります。

 

また、トレードルールにより、損切りpipsは異なります。

固定のpipsで損切りしない場合、つまり、テクニカルの形での損切り判断をする場合は、損切りpipは変化しますが、平均値をある程度出しておきます。

 

例として、取引額の2%、損切りまでのラインが20pipsとします。

前述の資金10万円で仮定すると、10万円×2%=2000円となり、一回の損切り額が2000円となります。

損切りまで20pipsなので、2000円÷20pips=100円

1pipsあたり100円のポジションとなり、100円÷10円(1000通貨あたりの1pips)=10ロット

つまり10000通貨で取引をするというのが目安となります。
資金10万円
損切りpips20pips
損切り額2000円
1pipsあたりのポジション100円
ロットの目安1万通貨
 

新しい手法を試す時、資金を増額して投資をする場合には、事前に計算しておくとよいでしょう。

計算は少々面倒くさいですが、自分に適切な取引ロット数を知ることで、安全な資金管理が出来るようになりましょう。

資金管理を理解して「強制ロスカット」を避けよう

FXは、トレード手法に意識がいきがちですが、資金管理をしっかりと理解していないと「強制ロスカット」を喰らう可能性が高くなります。

強制ロスカットは、FXで最も避けるべき事態です。

資金管理がうまくされていなければ、どれだけ素晴らしいトレード手法でも勝てなくなってしまいます。

証拠金維持率が高い場合はそれでもいいですが、資金管理の基本を抑えておくことは、効率良く資金を増やしていく基本戦略にも繋がりますので、ぜひ覚えておきましょう。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る