【FX】コツコツドカンのトレーダーが自分のトレードを見直すには?

【FX】コツコツドカンのトレーダーが自分のトレードを見直すには?

コツコツドカンのトレードとは、その名のとおり、コツコツと積み上げてきた利益を1回のトレードで大きく失ってしまうことです。

含み益が小さなうちに利確確定してしまい、利益を大きく伸ばせなかったり

反対に、損失が小さいうちに損切りができず、含み損が大きく膨らんでしまう

という傾向が出ます。

 

FXにおいて、利確・損切りというのは非常に重要です

極端な話、どんなに優れたFX手法を持っていても、利確と損切りのやり方がコツコツドカンになってしまっていては結果的に利益を残すことができません。

逆にトレード手法に関係なく適当にトレードしていても、決済のルールを定めて損小利大が出来ていれば、それだけで利益を残せる可能性がアップします。

「早く利確しなければ、もっと大きく利益を伸ばせていたのに・・・」

「損切りをためらって損切りしなかったら、どんどん含み損が増えてしまった」

こんな風になってしまった経験は、必ずトレードを経験していたらあるはずです。

私も未だに悩まされています。

コツコツドカンの損大利小を損小利大に変えていくためには、まず、

「なぜコツコツドカンのトレードをしてしまうのか?」

というところをしっかりと自覚することが必要です。

 

コツコツドカンになってしまう人間の心理というのは「プロスペクト理論」として学術的にも証明されています。

 

Q1:あなたは次の2つの選択肢のうち、どちらを選びますか?

選択肢A:10万円が無条件で手に入る

選択肢B:コインを投げ、表が出たら20万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない

Q2:あなたは20万円の借金を抱えています。

そのとき次の2つの選択肢のうち、どちらを選びますか?

選択肢A:無条件で借金が10万円減額され、借金総額が10万円となる

選択肢B:コインを投げ、表が出たら借金がチャラになるが裏が出たら借金総額は20万円のまま

Q1では無条件に10万円を手に入れられるAを選んだ人が圧倒的に多いとされています。

では、質問2でも無条件に借金が10万円減額されるAを選ぶ人が多いのかというとそうではなく、Q1で堅実的な「選択肢A」を選んだほとんどの人が、Q2ではギャンブル性の高いBを選ぶことが実証されているのです。

つまり、人間は、利益に対しては確実に取れる方法を選択し、損失に対してはリスクを取ってでも、損失全てを回避できる方法を選択する傾向があるということです。

 

これをFXに当てはめると、例えば含み益が20pipsある場合は、利益が0になってしまうのを恐れて、プラス50pips取れる可能性があるのにも関わらず利確してしまい、

含み損が20pipsある場合は、損失が0になることを期待して、マイナス50pipsになってしまう可能性があるのに持ち続けてしまう、といったリスクの高いトレードをとってしまいがちなのです。

こうした悪循環から抜け出すためには、自分自身で

「利益が残せない行動をしている」

としっかり自覚した上で、損小利大のトレードが出来るように、利益や損失に対する考え方の転換をしていく必要があります。

ただ単に損小利大を意識しただけでは、なかなか実践することが難しいと思いますので、トレードする際はルールをきちんと設けて、決済をより機械的にすると効果的です。

 

例えば「プラス30pips以上で利益確定、マイナス15pipsで損切りする」

といったように、損小利大となるような具体的な数字を決めて、それを徹底していけるようにすることが理想です。

最初はルールを徹底しますが、確実に守れるようになったならば、決済ルールも機械的に数字を決めるのではなく、チャンス相場で大きな利益が取れそうな場合はプラス50pipsで、その分損失も20pips許容したり、短時間で利益を狙うならば15pips、損切り幅を10pipsに限定したり、可変できるようになるとスキルはかなりアップすることとなるでしょう。

狙う利益と許容できる損失リスクのバランスを考えながら、ポジションを建てる前にきちんとトレードシナリオを描くことがルールを徹底できるコツになります。

そうなれば、コツコツ負けていたとしても、負け分を取り戻す利益を大きく獲得した時に、損小利大を続けていければ勝ち続けられる、と実感出来るはずです。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る