個人投資家のほとんどが「負け組」な理由を心理学的に解説

個人投資家のほとんどが「負け組」な理由を心理学的に解説

人は利益でも損失でも金額どおりの価値を感じるかと言うと、そうではありません。

合理的に判断できないのが面白いところです。

その例を挙げてみます。

質問を2つ出しますので、それぞれ選択してください。

 

質問A

1.無条件で1万円もらえる

2.コインを投げて表が出たら2万円もらえる裏が出たらもらえない

 

質問B(借金2万円あるとします)

1.無条件で1万円返せる

2.コインを投げて表が出れば全て借金が返せる

 

さて、各々どちらを選びましたか??

 

おそらく予備知識がない方なら、質問Aは1、質問Bは2、を選択したことでしょう。

実は期待値(確率を考慮した平均値は)

質問AもBも、1万円×100%=1万円、2万円×50%=1万円

全て同じです。

 

なのに、利益を得られる場面ではリスク回避的な行動、確実性を選択しがちになり、損失場面ではリスクのある行動、ギャンブル的選択をしがちになります。

 

つまり、これがFXに限らず投資で投資家が負ける根本原因なのです。

小さく勝って大きく負ける、コツコツドカンになってしまうということなのです。

 

ちなみに、得することよりも損の方が2倍以上嫌な気持ちになります。

私達の心は価値と確率を正しく把握できません。

それが人間らしいとも言えますが、トレードの世界だけは、合理的に行動するように努めたいものです。

 

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る