ついついやってしまう利食いが早過ぎるのを直すには?

ついついやってしまう利食いが早過ぎるのを直すには?

トレードで利益が出ることは、トレーダーにとって何よりの喜びです。

しかし、トレードをある程度経験しているならば、心も弾むと同時に不安感にも襲われます。

「もしかしたら、含み損に転じるかも」

プラス推移だったのに、いつのまにかマイナスになり、含み損に転換してしまうということを何度も経験しているうちに、利益確定がトレードシナリオより早くなってしまうことがあります。

もちろんプラスで決済しているので、問題はなさそうには見えます。

しかし、それを繰り返しているうちに、損切りに出会った時に損失の平均が利食い平均よりはるかに上回り、損大利小となりトータルでマイナス収支になることもあります。

なることもというより、ハッキリ言って、なりやすいです。

微益でも決済すれば、確実に証拠金が増えて損切りになるリスクは避けられますが、早すぎる利食いの誘惑に負けずに利益をきちんと伸ばすことが、結果的に相場で生き残り続け安定した利益をもたらすことになるものです。

 

口座情報の数字に惑わされる

 

トレードシナリオがきちんと立てられているのにも関わらず、FX口座の数字の増減を見ていて怖気(おじけ)づいて決済してしまうことがあります。

このような原因が考えられれば、一回ポジション量を調整する方向を取ってみます。

FXは、レバレッジを効かせて短期間で大きく稼げる投資効率のよい投資商品ですが、損益の数字にいちいちビクついていたら意味がありません。

ですので、まずはロットの調節をして、利益をきちんと伸ばす訓練をしてみることが必要でしょう。

 

トレードシナリオに自信が持てない

 

トレードシナリオどおりに動けば誰も苦労はしないのですが、シナリオどおりに動くことが少ないと実感していると、プラスで推移している時に、思わず決済をかけてしまいます。

単純にトレードが下手であれば、学習し直す必要があります。

ですが、そうでないこともありますので、まずは、トレード日記をつけて自分のトレードを客観的に分析する必要があるでしょう。

そうすれば、早めの利食いをしなくてもきちんと利益が取れたのか、そうでないかもハッキリします。

本当にトレードが下手なのか?ただの思い過ごしなのか?

でやることも変わってきます。

こういう意味でもトレード日記を書き綴るのは大切です。

 

目先の動きが気になってしまう

 

値動きは一直線で動くことはまずありません。

ジグザグを描いていきながら、流れていきます。

しかし、目先の動きを見ていると、プラスからマイナスになったり、マイナスからプラスになったりを繰り返すことで不安になり、早めの利食いとなってしまったりします。

特に短い時間足の場合には、かなりこまめに動きます。

ですので、長時間足に切り替えて様子を見るようにする、エントリー後決済注文をかけておきPCをシャットダウンして見ないようにする

ということをやるようにすればいいでしょう。

チャートに張り付いて一喜一憂していたら、寿命も縮みます。

 

早めの利食いは基本的に良いことはない

 

このように利食い対策をしておけば、トレードでトータルで負け続けることはなくなってくるでしょう。

元々、トレード自体のスキルは持っていることが多いので、このような調整ができれば早いうちに利益もきちんと残ります。

相場の様子をみて、早めの利食いが功を奏することもありますが、そのようなケースは少ないですし、上級者向けです。

上級者にならなくても十分にトレードで利益は出せますので、上記の点を参考にしていただけたら幸いです。

矢田が実際に使用している「超実践型FXテンプレート」無料提供!


・チャートのどこに注目すべきかわかる
・利食いポイントが見える
・勝率アップが期待できる
・利益金額ももちろんアップ!
【無料】超実践型FXテンプレートを受け取る