日々の相場解説・実績を公開してます。

【FX】コロナ相場から学ぶ、変事の荒れ相場に対するトレード心理

【FX】コロナ相場から学ぶ、変事の荒れ相場に対するトレード心理

前回はコロナ相場において、10日で140万円の利益を上げた私のトレード考察について書きました。

今回は有事におけるトレード心理について、コロナ相場から学べる事柄について考えていこうと思います。

 

暴落が起きると、

「なんで起きたんだ!」

と慌てます。

それはそうです。めったに起きないことが起こったのですから。

 

では、過去に起きたことは無いのでしょうか?

いいえ、実は結構起きていているのです。

 

バブル崩壊はかなり過去のイメージですが、

リーマンショックはまだ記憶に新しく2008年です。

その後もドバイショック、ギリシャショック、東日本大震災、スイスフランショック、チャイナ・ショック

イギリスEU離脱投票、トランプ大統領誕生、などなど、かなりの数が挙げられます。

 

その度に暴落→上昇を繰り返しているのです。

この予兆を掴むのはなかなか難儀です。

知っているのは神ぐらいでしょう。

 

ただ、その予兆を察するなら、昨日解説したように、暴落の前に上昇があるということです。

暴落前には、相場の加熱から熱狂相場になり、そこから一気に下落していきます。

我々一般トレーダーは、その相場を逃さずにいれさえすればいいのです。

そして、そのチャンスが来ればその波に乗るだけです。

 

ここで知っておきたいのは、大きな動きに乗り遅れたときです。

暴落なら、逆に買いどころを探りたくなります。

ですが、逆です。

第一波を逃しても次の下落がやってくる可能性が高いのです。

「もうそろそろ買いに転じるだろう」

このなんとなくの感覚が悲劇を招きます。

プロは、このタイミングを狙って売りを全力で仕掛けることが多いです。

売りどころを探していきましょう。

 

注意しなければならない点は、深追いは禁物で、落ちて利食いができたら、再度戻り売りを狙うというスタンスを取っておきます。

「暴落は繰り返す」ことは、歴史が物語っています。

調子がいい時ほど注意しておきましょう。

 

昨日の相場の動き

レンジ相場となりました。

 

 

落ち着いた感じの動きに見えます。

想定内の動きでしたが、ボラティリティーは100pipsを超えています。

段々、この異常相場が当たり前になってくるところが怖いです。

1ヶ月前の短時間足でのトレードを長期感覚で見るイメージを持つようにしましょう。

 

相場展開の予想

WHOのパンデミック宣言などが出て、市場は混乱しそうです。

現に下落が再度始まっています。

各国の強い対応も想像されることから、安値の101円台突入も考えておくべきでしょう。

買いはかなり自信のあるところ以外は控えたいところです。

戻り売りの連続エントリーをイメージしておきましょう。

104円台を確実にキープするようならレンジ突入とみてもよいでしょう。

 

トレード結果

第一手法、第二手法です。

 

 

ご祝儀相場とはいいませんが、このチャンスに利益を取れるだけ取っておきます。

なんとなくトレードはしないように引き続きトレード時は常に気を引き締めておきたいです。

 

3月11日の利益 +273,000円

3月の総利益 +2,338,000円